最新の記事

2017年01月10日

W杯出場枠2026年大会から「48」正式決定 3か国ずつの16グループに

| カテゴリー FIFA |コメント(0)|

W杯出場枠、2026年大会から「48」に正式決定! 気になる大会方式と日程は?

 イギリス・メディア『BBC』によれば、ジャンニ・インファンティーノ会長が2016年2月の着任当初から目指してきた参加国数の増大が理事会の討論の中心となり、最終的に全会一致で1998年のフランス大会以来(24→32)となる参加国の拡大が決定したという。

 この決定で参加国数は48チームとなり、試合数は現行の64試合から80試合に増加。しかし、大会日程自体はこれまでと同様の32日間で行なうことも同時発表された。『BBC』は、これはクラブの過密日程を理由に、反対意見を挙げたヨーロッパ勢の声を抑えるためだと伝えている。

 気になる大会方式についてFIFAは、3か国ずつの16グループによる1次リーグを行なう形に変更し、決勝トーナメントには各グループ上位2か国の全32か国によって争われるものにすることを発表した。

 この出場国枠の拡大により、ヨーロッパが16か国、アフリカが9.5か国、アジアが8.5か国、南米と北中米カリブ海が各6.5か国、オセアニアが1か国という割り当てになるという(0.5は大陸間プレーオフで争われる出場枠)と一部では伝えられている。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170110-00021802-sdigestw-socc

続きを読む
タグ:FIFA
posted by ポペスク at 20:21 | コメント(0) | FIFA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

元大分FW高松大樹氏が大分市議会議員選挙に立候補表明

| カテゴリー Jリーグ |コメント(0)|

華麗なる転身! 元大分の高松大樹氏が政界進出を表明

 高松氏は「地域への恩返し」と題したブログで、「私、高松大樹はこの度、大分市議会議員選挙に立候補することを決意しました」と政界への進出を表明。

 さらに「昨年、引退を決意してから、自分にできることを試行錯誤しながら色々と考えてみました。私のすばらしい経験は、地域の方々の支えなしには不可能でした」と続け、「その感謝を考えた時に、地域への恩返しで大分市議会議員になることを自ら決意しました」と決断に至った経緯を説明した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170110-01635719-gekisaka-socc

続きを読む
タグ:高松大樹
posted by ポペスク at 18:21 | コメント(0) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小野伸二、フェイエノールト公式Youtubeでメッセージ【動画】

| カテゴリー 欧州 |コメント(0)|

「オファーはいつでも待ってます」小野伸二が愛する古巣に熱烈メッセージ!

 コンサドーレ札幌に所属する元日本代表MFの小野伸二が、2001年から4年間プレーしたフェイエノールトに向けて興味深いコメントを残した。

 フェイエノールト時代には、UEFAカップ(現在のヨーロッパリーグ)を制してクラブにメジャータイトルをもたらし、今なお地元ファンからリスペクトを受ける小野。そのレジェンドからのメッセージには、「また戻ってきてくれ!」や「ヒーロー!」というコメントが寄せられていた。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170110-00021776-sdigestw-socc

続きを読む
タグ:小野伸二
posted by ポペスク at 15:29 | コメント(0) | 欧州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中田英寿氏、FIFAベスト11のプレゼンターを務めロナウドらにトロフィーを渡す【動画】

| カテゴリー その他 |コメント(0)|

中田英寿氏がFIFAベスト11のプレゼンターを務める C・ロナウドらと笑顔で握手

 FIFA(国際サッカー連盟)が新設した「ザ・ベスト FIFAフットボールアウォーズ」では年間最優秀選手賞や最優秀監督、最も優れたゴールに送られる「プスカシュ賞」などが決定。その中で2016年度の年間ベストイレブンあたる「FIFA FIFPro ワールド11」の発表では、セリエAのペルージャやローマで活躍した中田氏がプレゼンターを務めた。

 中田氏は壇上で次々に登場するスター選手を迎えた。ドイツ代表GKマヌエル・ノイアー(バイエルン・ミュンヘン)から順に、ブラジル代表DFダニエウ・アウベス(ユベントス)、スペイン代表DFセルヒオ・ラモス、ブラジル代表DFマルセロ、クロアチア代表MFルカ・モドリッチ、ドイツ代表MFトニ・クロース、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(いずれもレアル・マドリード)と笑顔で握手を交わし、シルバーのトロフィーを手渡した。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170110-00010005-soccermzw-socc

続きを読む
タグ:中田英寿
posted by ポペスク at 12:00 | コメント(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アジア初 プスカシュ賞にマレーシア代表MFの魔球フリーキック【動画】

| カテゴリー FIFA |コメント(0)|

アジア初の快挙!マレーシア代表MFの“魔球”FK弾がFIFA年間最優秀ゴールに選出

 FIFA(国際サッカー連盟)は9日、スイス・チューリヒで年間表彰式「ザ・ベスト・FIFAフットボールアウォーズ2016」を開催し、最優秀ゴールのFIFAプスカシュ賞を発表した。

 2016年度のプスカシュ賞は一般投票の結果、ペナン(マレーシア・スーパーリーグ)に所属するマレーシア代表MFモハマド・ファイズ・スブリのFK弾に決まった。2016年2月16日に行われたパハン戦、スブリは左サイドからのFKで右足を一閃。無回転のシュートは左右に2度曲がり、ゴール右隅に突き刺さった。“魔球”のようなフリーキックで世界の注目を集め、投票の59.46パーセントを獲得し、アジア初となるFIFA最優秀ゴールに輝いた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170110-00539406-soccerk-socc

続きを読む
posted by ポペスク at 08:56 | コメント(0) | FIFA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ミランCEOが本田残留を事実上表明「トッププレーヤーの獲得は予定がない」

| カテゴリー 本田圭佑 |コメント(0)|

ミランCEO、本田の残留を事実上表明 「トッププレーヤーの獲得は予定がない」

ミランのアドリアーノ・ガリアーニCEOは6月に契約満了となる本田について、事実上の残留を明言している。イタリア地元紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」が報じた。

「バンジョーニとエリだけ放出する」とミランの強化責任者は語ったという。今季リバープレートからやってきたアルゼンチン代表DFリオネル・バンジョーニと若手DFロドリゴ・エリーの2人だけが、1月の移籍市場でチームから離れると明かしている。現時点で、本田は残留方針であることをガリアーニCEOは事実上表明した形だ。

 一方、例外的に移籍する選手が1人いるという。控えのブラジル人GKガブリエルだ。カリアリGKマルコ・ストラーリとトレードという話が持ち上がっている。

「GKのガブリエルとストラーリのトレードは可能。最終ライン前のプレーメーカーは獲得しない。ロカテッリとベルトラッチがいるから」

 補強ポイントについては「サイドアタッカーだけ探している」とガリアーニ氏は語るが、記事では「トッププレーヤーの獲得は予定がない」と報じており、バックアッパーの獲得にとどまる模様だ。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170109-00010020-soccermzw-socc

続きを読む
タグ:本田圭佑
posted by ポペスク at 06:00 | コメント(0) | 本田圭佑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月09日

青森山田の変則キックオフが話題に!【動画】

| カテゴリー その他 |コメント(0)|

選手権決勝、青森山田の「トリックキックオフ」で大ピンチが話題に! 10人がハーフウェーラインに並ぶ奇策

 埼玉スタジアムで行われた高校サッカー頂上決戦は青森山田のキックオフで幕を開けたが、ハーフウェーライン上にフィールドプレイヤー10人が並び、守護神のGK廣末陸が自陣フィールドの中央に位置取る奇策に出た。

 まるでアメリカンフットボールのオンサイドキックやラグビーのようなフォーメーション。キックオフ直後にセンターサークルから廣末にバックパス。GKが前方に蹴りだそうとしたところ、いきなり逆襲にあった。前橋育英FW人見大地が猛ダッシュ。目の前でジャンプした頭部にGK廣末のキックが当たり、ボールはゴールライン側に跳ね返った。

 辛くもボールはゴール横に逸れてゴールキックとなった青森山田だが、あわや決勝最速弾のピンチで、これがもし決まっていれば…流れは大きく変わっていただろう。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170109-00010014-soccermzw-socc

続きを読む
posted by ポペスク at 21:31 | コメント(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

青森山田が選手権初優勝! 前橋育英に5-0で勝利【動画】

| カテゴリー その他 |コメント(0)|

第95回全国高校サッカー選手権大会・決勝
青森山田(青森) 5 2 前半 0 0 前橋育英(群馬)
3 後半 0
高橋 壱晟(前半23分)
嵯峨 理久(前半46分)
鳴海 彰人(後半12分)
鳴海 彰人(後半14分)
佐々木 快(後半44分)
得点者


2冠達成!高橋5戦連発の青森山田が悲願の初優勝!!

[1.9 全国高校選手権決勝 青森山田高5-0前橋育英高 埼玉]

 青森山田が2冠達成!! 第95回全国高校サッカー選手権は9日、埼玉スタジアムで決勝戦を行い、ともに初優勝を狙う青森山田高(青森)と前橋育英高(群馬)が激突。青森山田がU-19日本代表MF高橋壱晟(3年、千葉内定)の5戦連発となる先制ゴールとMF嵯峨理久(3年)の追加点、FW鳴海彰人(3年)の2ゴール、交代出場のFW佐々木快(3年)のダメ押しゴールによって5-0で勝ち、初の日本一に輝いた。今季プレミアリーグチャンピオンシップを制している青森山田は2冠達成。青森県勢にとっても初、史上最北の選手権王者となった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170109-01635654-gekisaka-socc

続きを読む
posted by ポペスク at 16:00 | コメント(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

俊輔、マリノス復帰確約オファーを拒否「磐田に骨を埋めるつもり」

| カテゴリー Jリーグ |コメント(1)|

俊輔 磐田に「骨埋める」横浜最後のオファー“復帰確約”拒否

 この日午前には最後のオファーも断った。横浜の長谷川社長と会談。契約条項に「選手として最後は横浜で」という項目を提案されたが、それは拒否した。「保険をかけるみたいで嫌だと言った。行くクラブに骨を埋めるつもり」。何度も考え、苦しみ抜いた決断。だからこそ選手生活を磐田で全うする覚悟だ。

 本来なら「マリノスを離れるなんて考えたことがなかった。10番のユニホームを脱ぎたくない」という思いだった。だが資本提携するシティーグループが強引な世代交代や求心力のないモンバエルツ監督の続投決定などを主導。「これは違うぞというのは言ってきたつもり。選手として信頼を感じなかった」。似たサッカー観を持つ名波監督の率いる磐田移籍へ気持ちは傾いていった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170109-00000052-spnannex-socc

続きを読む
posted by ポペスク at 15:00 | コメント(1) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする








PVランキング

サイトランキング

FC2Ranking

ブログパーツ