最新の記事

2016年08月12日

大迫勇也がマインツとの親善試合でゴール【動画】

| カテゴリー 大迫勇也 |コメント(0)|

 11日に親善試合マインツ対ケルンが行われ、ケルンFW大迫勇也は後半開始から出場し2-0とリードした81分にダメ押しとなるゴールを決めた。試合はこのまま3-0でケルンが勝利した。


続きを読む
タグ:大迫勇也
posted by ポペスク at 15:13 | コメント(0) | 大迫勇也 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月07日

大迫、ホームシック報道を否定「チームに貢献できるように成長していきたい」

| カテゴリー 大迫勇也 |コメント(0)|

大迫、ホームシックじゃない!報道を否定

 ドイツ1部リーグ、1FCケルンに所属するFW大迫勇也(25)が6日、ドイツ紙が報じたホームシックを否定した。「家族も一緒にケルンで住んでいるし、ホームシックにはなっていないですよ」と妻、子どもとともに暮らしていることを明かすとともに、「今も、これからも、もっとゴールに絡んで、チームに貢献できるように成長していきたい」とケルンへの貢献を誓った。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160507-00000011-sph-socc

続きを読む
posted by ポペスク at 12:00 | コメント(0) | 大迫勇也 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月24日

『Bild』紙が大迫のケルンでの将来は危ういと伝える

| カテゴリー 大迫勇也 |コメント(0)|

“半端ない”活躍をしたばかりなのに……独紙が大迫のケルンでの将来は危ういと伝える

17日に行われたマインツ戦では指揮官から名指しで称賛されるほどの活躍を見せた大迫。また、独『Bild』もチーム内で最高評価を与えている。しかし、それから数日で同紙は意見を覆している。

『Bild』は大迫、ミロシュ・ヨイッチ、ケビン・フォーグトと2017年で契約が切れる3選手の名前を挙げ、「彼らは自分たちのケルンでの未来のために戦わなければならない」という見出しをつけている。実際、ピーター・シュテーガー監督からもマインツ戦後、称賛とともに「彼ら(ヨイッチと大迫)はここに長くいるからわかっているだろう。まだ足りないことがあることや選手としてもっと改善の必要があることをね」と注文もつけている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160422-00010018-theworld-socc

続きを読む
タグ:大迫勇也
posted by ポペスク at 19:00 | コメント(0) | 大迫勇也 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月19日

独紙 逆転劇の原動力、大迫を高評価「試合の流れを変えた」

| カテゴリー 大迫勇也 |コメント(0)|

逆転劇の原動力に…独紙、ケルン大迫を高評価「試合の流れを変えた」

 ブンデスリーガ第30節が15日から17日にかけて行われ、FW大迫勇也所属のケルンは、17日の試合でFW武藤嘉紀が所属するマインツと対戦した。

 残り30分を切った時点で2点のビハインドを背負っていたケルンだったが、ドイツ人MFマルセル・リッセ、セルビア代表MFミロシュ・ヨイッチ、フランス人FWアントニー・モデストが立て続けにゴールを挙げ、3−2の逆転勝利を飾った。

 大迫は2点を追う60分から出場すると攻撃の起点となり、チームの逆転に大きく貢献した。一方、負傷により戦線離脱中の武藤はベンチ入りメンバーから外れた。

 ケルン地元紙『Koelner Stadt-Anzeiger』は、「ヨイッチと大迫が結果を残し、モデストが輝く」とのタイトルで試合後の採点と寸評を掲載。寸評では「60分に投入されると、ケルンの攻撃に息を吹き返させた」と大迫のパフォーマンスを称え、「2.5」の高い点数を与えた。(最高1点、最低6点)

『EXPRESS』紙も、採点こそ「3」の平均点となったが、「試合の流れを変えることに貢献」と、こちらも逆転劇の原動力となった大迫のパフォーマンスに高い評価を与えた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160418-00432426-soccerk-socc

続きを読む
タグ:大迫勇也
posted by ポペスク at 09:00 | コメント(0) | 大迫勇也 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月24日

大迫が凱旋か ケルンが日本ツアーを計画

| カテゴリー 大迫勇也 |コメント(0)|

大迫が今夏、“凱旋”か ケルンが日本でのツアーを計画

FW大迫勇也がこの夏、チームとともに凱旋するかもしれない。ケルンが日本でのプレシーズンツアーを計画していると、ドイツ『ビルト』が報じた。

ケルンは現在、ブンデスリーガで9位につける。ヨーロッパリーグ出場圏内にまで届くのは難しいかもしれないが、さらなる高みを目指し、戦いを続けている。

そんな名門が、さらなる人気拡大を図るようだ。『ビルト』によると、ケルンは来季開幕前のプレシーズンツアーとして、中国と日本を訪れることを考えているという。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160324-00000019-goal-socc

続きを読む
posted by ポペスク at 19:00 | コメント(0) | 大迫勇也 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月01日

大迫、ベンチ外の理由は「ブーイングから守るため」

| カテゴリー 大迫勇也 |コメント(0)|

大迫、ベンチ外の理由は「ブーイングから守るため」…ファンから信頼得られず

 2月26日に行われたブンデスリーガ第23節で、FW大迫勇也が所属するケルンと日本代表FW原口元気が所属するヘルタ・ベルリンが対戦した。大迫は同試合でベンチ入りが見送られていたが、その理由は不振ではなく『ファンのブーイングから守るためだった』ようだ。『ビルト』紙の報道をドイツ誌『キッカー』日本語版が伝えている。

 記事の中でペーター・シュテーガー監督は「大迫は素晴らしいサッカー選手だ。しかし、彼にとってホームでプレーすることの方が難しいと感じたんだよ。ファンからあまり恩恵を受けることはできないだろうからね」とコメント。さらにマネージャーのヨルグ・シュマッケ氏も「ファンからそこまでの信頼を得られていない。先発起用じゃなければ、あとから投入することは難しいだろうね」と述べた。

 そこでビルト紙は『期待を背負う選手から、ブーイングを浴びる選手となってしまった』と掲載。大迫はここまでリーグ戦17試合に出場しながらもわずか1得点しかあげられておらず、ケルンFW陣の中では今シーズンから加入したフランス人FWアントニー・モデストだけが結果を出していると指摘している。

 シュマッケ氏は「ユウヤには成功の経験が必要だ。できればホームがいいね。それでファンたちは、多くの人々が思っているよりも彼はもっとできる選手だと気づくことだろう」と大迫の奮起に期待を込めた。また、29日の会見でシュテーガー監督は「練習では、とてもいい選手であると見ている。彼が呪縛から解き放たれるよう、我々はその助けをしたい」と、大迫を全面的にバックアップすることを約束した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160301-00406537-soccerk-socc

続きを読む
タグ:大迫勇也
posted by ポペスク at 20:00 | コメント(0) | 大迫勇也 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月18日

大迫のフェアプレー。 ブンデス公式TVで特集

| カテゴリー 大迫勇也 |コメント(0)|

ケルン大迫、フェアプレーに称賛の嵐。ブンデス公式TVで特集

 ブンデスリーガのケルンに所属する日本代表FW大迫勇也が17日、リーグ公式TVの「第16節の瞬間(モーメント・オブ・ザ・マッチデー)」に選出された。

 大迫が評価されたのは、フェアプレーの精神だ。ブレーメン戦で大迫がゴール前でボールに触れてゴールラインを割ったものの、審判はCKと判定。しかし、大迫は自身が最後にボールにタッチしたことを申告し、ゴールキックへと変更された。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151218-00010015-footballc-socc

続きを読む
タグ:大迫勇也
posted by ポペスク at 11:07 | コメント(0) | 大迫勇也 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月14日

大迫勇也、1対1勝率56.4%! ブンデス日本人選手でトップ

| カテゴリー 大迫勇也 |コメント(0)|

ケルン大迫が示す成長 1対1の勝率56.4%はブンデス日本人選手9人でトップ

 ケルンFW大迫勇也が今シーズン、ドイツで「デュエリスト」としての才能を伸ばしていることが明らかになった。ブンデスリーガ公式サイトが「中間考査 ケルン」との特集で報じている。

 ブンデスリーガでプレーする日本人9人の中で、大迫は12節終了時点で1対1の勝率がトップの56.4%というデータが特集では紹介されている。屈強なマーカーを相手に、「デュエル」と呼ばれる球際での強さを示している。日本代表では予備登録メンバーに入りながら、選出が見送られている大迫だが、バヒド・ハリルホジッチ監督が選手に求めるのは、まさにその1対1の強さ。6得点2アシストと爆発する同僚FWアントニー・モデステにスポットライトが当たっているが、大迫も黒子役として存在感を発揮している。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151114-00010005-soccermzw-socc&pos=1

続きを読む
タグ:大迫勇也
posted by ポペスク at 23:00 | コメント(0) | 大迫勇也 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月17日

開幕戦ゴールの大迫に地元紙が高評価

| カテゴリー 大迫勇也 |コメント(1)|

「大迫がアウェー勝利をパーフェクトに!」 地元紙が開幕戦ゴールの大迫に高評価

ブンデスリーガ開幕節が16日に各地で行われ、日本代表FW大迫勇也、MF長澤和輝が所属するFCケルンはアウェーでシュツットガルトと対戦し、3-1の勝利を収めた。

ケルンでの2シーズン目を迎えた大迫はプレシーズン期間で本職ではない中盤で起用されることもあったが、この試合で自身がFWであるということをアピールすることに成功する。後半9分にミロシュ・ヨイッチとの交代でピッチに入った大迫は試合終了間際の後半アディショナルタイムにモデストのラストパスを冷静に流し込み、チーム3点目となるダメ押しゴールを決めた。

ケルン地元紙『エクスプレス』はこの結果を「3-1! オオサコがアウェー勝利を完璧に!」と見出しを付けて報じている。同紙の行うファンの採点では「2.5」と高評価が与えられ、アピールに大きく繋がった。(ドイツ紙は1が最高点、6が最低点)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150817-00010008-theworld-socc

続きを読む
タグ:大迫勇也
posted by ポペスク at 11:29 | コメント(1) | 大迫勇也 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする








PVランキング

サイトランキング

FC2Ranking

ブログパーツ