最新の記事

2016年10月16日

大迫アシスト ケルンがインゴルシュタットに2-1勝利【動画】

| カテゴリー 大迫勇也 |コメント(0)|

ブンデスリーガ 2016年10月15日 • 22:30 • ラインエネルギーシュタディオン, Köln 主審: T. Welz • 観客: 49200
ケルン 2 2 前半 0 1 インゴルシュタット
1 後半 0
アントニー・モデスト 28', 39' 得点者 L. Hinterseer 90'


大迫、絶妙アシスト&PK獲得の大活躍 ケルンが2発辛勝で暫定2位浮上
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161016-00504196-soccerk-socc

続きを読む
posted by ポペスク at 00:22 | コメント(0) | 大迫勇也 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月14日

ケルン日本人コーチが語る大迫勇也躍動の理由

| カテゴリー 大迫勇也 |コメント(0)|

大迫勇也はなぜ飛躍を遂げたのか?ケルン日本人コーチが明かす躍動のワケ/コラム

批判の声やブーイングはピタリと収まった。聞かれるようになったのは称賛だ。昨シーズンはわずか1ゴールに終わりながら、ここまで2ゴール、1アシストと結果を残しているケルンの大迫勇也が、地元のメディアやファンから拍手喝采を浴びている。

対照的な反応を見せているのは、ケルンのクラブ関係者たちだ。もちろん、悪いリアクションではない。普段のトレーニングなどを通じて大迫のポテンシャルに触れてきたチームメイトや首脳陣は、最近の活躍ぶりに驚くのではなく「試合でも力を出せるようになっただけ」と至って冷静だ。

ケルンU−21でGKコーチを務める田口哲雄氏(トップチームの正GKティモ・ホルンをユース時代に育て上げた指導者)の言葉を借りれば、選手たちの間に「勇也に預けておけば、ボールを失わない」という意識が芽生えたのも、最近のことではないという。

当の大迫は「2トップの一角での起用」を飛躍の理由に挙げている。たしかに、現在の4-4-2ではなく4-2-3-1が基本システムだった昨シーズンは、2列目の右サイドかトップ下での出場が多く、いわゆる器用貧乏に陥っている印象が否めなかった。

自身が“便利屋”として扱われる一方で、入団1年目のFWアントニー・モデストが本職の1トップで躍動。もう一人のライバルであるジモン・ツォラーも着実にゴールという結果を残していた状況は、大迫にとって容易に受け入れるものではなかったはずだ。

16年2月のブンデスリーガ第23節では「ホームのサポーターからのブーイングから守るため」(シュテーガー監督)に、健康体でありながらベンチメンバーから外される屈辱を味わいもした。田口氏は当時の様子をこう振り返る。

「もともと腐るような選手ではありませんし、守備に人数をかけるという昨シーズンの戦い方に理解を示していました。だから、戦術的な理由で犠牲になり自分の出番が少なくなったとしても、精神的に応えているような様子はなかったです。むしろ、やれるという確信を持っていたはずですし、実際、練習では素晴らしい部分を出せていました。彼が持つ芯の強さが、現在の飛躍につながった理由の一つかと思います」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161014-00000018-goal-socc

続きを読む
posted by ポペスク at 22:00 | コメント(0) | 大迫勇也 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月09日

好調の大迫勇也 ケルン公式月間MVP候補に選出される

| カテゴリー 大迫勇也 |コメント(0)|

9月の4試合で2ゴールの大迫 ケルン公式サイトの月間MVP候補に選出

 ケルンFW大迫勇也は9月に行われたリーグ戦で4試合2得点という活躍が評価され、クラブの月間MVP候補3人に選出された。ケルンの公式サイト上でファン投票を行っている。

 26歳のストライカーは2トップの一角に固定されたことで、本来の輝きを取り戻した。9月はリーグ戦4試合全てに先発出場し、21日のシャルケ戦(3-1)、25日のRBライプツィヒ戦(1-1)で2試合連続ゴールを決める活躍を見せた。チームもこの間2勝2分で開幕からの無敗を維持し、6試合を終えて4位と大健闘している。

 レギュラーに定着している大迫は、ファン投票で決定する9月のクラブ月間最優秀選手候補にノミネートされた。その他の2選手は、大迫と前線でコンビを組んで4試合3得点1アシストのFWアントニー・モデスト、9月4日に娘が誕生した右サイドアタッカーのMFマルセル・リッセが候補に挙がっている。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161009-00010006-soccermzw-socc

続きを読む
タグ:大迫勇也
posted by ポペスク at 20:00 | コメント(0) | 大迫勇也 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月02日

ケルンFW、バイエルン戦同点弾は「大迫のマネをしたんだ」

| カテゴリー 大迫勇也 |コメント(0)|

「大迫のマネをしたんだ」“イブラスタイル”でゴールのモデストが語る

 0対1で迎えた63分、マルセル・リッセの送り込んだボールをアクロバティックに突き刺したモデスト。独『エクスプレス』紙(電子版)は、飛び蹴りのような格好でダイレクトに押し込んだ姿をズラタン・イブラヒモヴィッチになぞらえ、“イブラスタイル”と表現した。同紙はバイエルンのカルロ・アンチェロッティ監督が戦前からモデストを警戒していたが、その不安が的中したと綴った。

 同紙によれば、主将のマティアス・レーマンは試合後、「思いっきり脚を伸ばしてたよね」と、モデストのゴールについてコメント。するとモデストは「あれは、大迫のマネをしたんだ」と語ったという。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161002-00000012-ism-socc

続きを読む
タグ:大迫勇也
posted by ポペスク at 14:00 | コメント(0) | 大迫勇也 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大迫勇也、バイエルン戦採点 『bild』で高評価

| カテゴリー 大迫勇也 |コメント(0)|

ケルン大迫がバイエルン相手に躍動 「質の高いパス、素晴らしい闘争心」と地元紙も称賛

 独紙「ビルト」は、この試合の採点を公開(1が最高、6が最低)。大迫は同点ゴールのモデスト、FWトーマス・ミュラーが至近距離から放ったボレーシュートを超人的な反応で防いだ守護神GKティモ・ホルンと並ぶチームトップタイの「2点」が与えられた。

 得点にこそ絡めなかった大迫だが、DFマッツ・フンメルスら屈強のバイエルンDF陣との競り合いにも屈せず、精度の高いポストプレーで中盤と前線をつなぐリンクマンとして存在感を示した。

 また地元紙「ケルナー・スタット・アンツァイガー」の採点では、チーム5位タイとなる「3点」だった。しかし、寸評では「ケルン最初の枠内シュートを放ったが、マヌエル・ノイアーに簡単にキャッチされた。とはいえ、この日本人は後半にも強さを見せた。何度もボールを保持し、質の高いパス、素晴らしい闘争心を見せた」と個の能力の高さが称賛されている。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161002-00010004-soccermzw-socc

続きを読む
タグ:大迫勇也
posted by ポペスク at 08:00 | コメント(0) | 大迫勇也 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大迫、バイエルン戦に先発し88分までプレー ケルン1-1で引き分ける【動画】

| カテゴリー 大迫勇也 |コメント(0)|

ブンデスリーガ 2016年10月1日 • 22:30 • アリアンツ・アレーナ, München 主審: D. Siebert • 観客: 75000
バイエルン・ミュンヘン 1 1 前半 0 1 ケルン
0 後半 1
J. Kimmich 40' 得点者 アントニー・モデスト 63'


大迫先発のケルン、王者バイエルンの連勝止める “相棒”モデストの同点弾で無敗守る
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161002-00499368-soccerk-socc

続きを読む
posted by ポペスク at 00:21 | コメント(0) | 大迫勇也 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月29日

大迫、復調要因の一つに長澤の退団「他の選手達が僕に歩み寄ってくれるようになった。」

| カテゴリー 大迫勇也 |コメント(2)|

ケルン大迫、復調の転機は“長澤の退団”と激白 「それから、僕は明らかにやりやすくなった」

 大迫は復調の要因についてポジションの変更だけでなく、同僚だった長澤が15年12月に浦和へ移籍(期限付き移籍で千葉へ)したことが一つのキーポイントだったと明かした。

「あの時(長澤退団)以来、他の選手達が僕に歩み寄ってくれるようになった。それから、明らかに僕はやりやすくなった」

 同じ言語でコミュニケーションがとり易いはずの長澤の移籍は、大迫に悪影響を及ぼすかに思われた。ところが、その心配は杞憂に終わったようだ。むしろ、周りの選手が以前よりも積極的に声を掛けてくれるようになったという。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160928-00010017-soccermzw-socc

続きを読む
タグ:大迫勇也
posted by ポペスク at 07:54 | コメント(2) | 大迫勇也 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月28日

独紙がFW大迫勇也に太鼓判「もはやウイングや攻撃的MFの選手ではない」

| カテゴリー 大迫勇也 |コメント(0)|

地元紙が“ストライカー”大迫勇也に太鼓判 「もはやウイングや攻撃的MFの選手ではない」

 ケルンの日本代表FW大迫勇也は、25日の本拠地RBライプツィヒ戦で今季リーグ戦2点目となるゴラッソを決めた。1-1のドローに終わったが、大迫はマン・オブ・ザ・マッチに選ばれるなど、好調ケルンで定位置を確保している。ケルン地元紙「ケルナー・シュタット・アンツァイガー」は大迫の活躍を受け、「大迫勇也、待望の復活」と特集で伝えた。

 過去2シーズンは印象的な活躍をできなかった大迫。昨季は開幕戦のシュツットガルト戦(8月16日/3-1)で得点を決めたが、以降は一度もネットを揺らせないままシーズンを終えた。しかし、ドイツ生活3年目を迎えた今季は本領発揮の兆しを見せており、カップ戦も含め6試合で4得点と存在感を示している。

 復活を印象づけた大迫について同紙はこう評価している。これまで本職ではないサイドやトップ下で起用される試合も多く、苦しい時期も経験したが、今季はFWアンソニー・モデストと2トップを組んで本職のストライカーとして輝きを放つ。

「実際のところ、大迫はケルンの中でも最も技術的に優れた選手の1人で、優れた目を持っていた。しかし、彼がそれを披露することは稀だった。今は急激に向上し、もはやウイングや攻撃的MFの選手ではなくなった」

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160927-00010011-soccermzw-socc

続きを読む
タグ:大迫勇也
posted by ポペスク at 18:00 | コメント(0) | 大迫勇也 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月26日

2戦連発の大迫勇也 ブンデス公式のMOMに選出される

| カテゴリー 大迫勇也 |コメント(0)|

「攻撃の要、見事なゴール」 2戦連発の大迫、ブンデス公式のMOMに選出!

 ブンデスリーガ公式HPドイツ語版は、同試合のマン・オブ・ザ・マッチ(MOM)を発表。同点ゴールを決めた大迫を選出している。同公式HP日本語版が伝えた。

 ブンデスリーガ公式HPは大迫について「この日本人選手は、特に前半はケルンの攻撃の要だった。1−1となる見事なゴールを決め、2試合連続得点を記録した」と綴り、ゴールを称賛。「最も多くのシュート(4本)に絡み、デュエル(競り合い)に最も多く臨んだ。ケルンをけん引していた」と、得点以外のプレーにも高評価を与えている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160926-00497232-soccerk-socc

続きを読む
タグ:大迫勇也
posted by ポペスク at 14:00 | コメント(0) | 大迫勇也 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする








PVランキング

サイトランキング

FC2Ranking

ブログパーツ