最新の記事

2016年12月13日

大迫をケルン監督が称賛「ドルトムントを脅かしていた要因だった」

| カテゴリー 大迫勇也 |コメント(0)|

ドルト戦で奮闘の大迫、指揮官が称賛「相手を脅かしていた要因だった」

ドイツ誌『kicker』日本語版が12日に伝えた。

フル出場した日本代表FW大迫勇也については、この試合でも発揮したフレキシブルさ高評価。「ユーヤはとてもインテリジェントな選手だよ。彼は必要とされるところにちゃんとポジショニングしていて、そしてしっかりと仕事をしてくれている。時には攻守の間に立ってつなぎ役となり、正しい判断をなんども下していたよ。うちがあれだけのキープ率しかなく、相手陣営を脅かしていた要因となっていたのは、ユーヤ・オーサコだ」と称賛の言葉を口にした。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161213-00526970-soccerk-socc

続きを読む
タグ:大迫勇也
posted by ポペスク at 11:47 | コメント(0) | 大迫勇也 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月12日

大迫、ドルトムント戦採点 『Bild』『kicker』などで高評価

| カテゴリー 大迫勇也 |コメント(0)|

10日にブンデスリーガ第14節ケルン対ドルトムントが開催され、1-1の引き分けで終了。ケルンの大迫勇也はトップ下で先発しフル出場した。

大迫は採点では『Bild』で2点。『kicker』で2点。『Kölner Stadt-Anzeiger』で2.5点。『Express』で2点。『Sportal.de』で3.5点。『Goal.com International』(最高点5点)で2点。『WhoScored』で7.4点と『Sportal』、『Goal.com』以外では高評価だった。

続きを読む
タグ:大迫勇也
posted by ポペスク at 20:00 | コメント(0) | 大迫勇也 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月22日

大迫がケルンのチームメイトに和食をご馳走

| カテゴリー 大迫勇也 |コメント(0)|

大迫勇也がケルンの同僚に和食をご馳走…独メディアも結束強める行動に注目

21日、ケルンの地元メディア『Kolner Stadt-Anzeiger』が、ケルンに在籍する大迫勇也の特集記事を公開した。

大迫は11月中旬の日本代表戦からドイツに戻った後、地元のレストラン『Geisbockheim』にチームメートを招待し、2人の日本人シェフによる和食のおもてなしをする機会があったという。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161122-00000006-goal-socc

続きを読む
タグ:大迫勇也
posted by ポペスク at 14:00 | コメント(0) | 大迫勇也 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月08日

大迫勇也、躍進のきっかけは代理人の言葉「俺が監督でも最初は外国人を使う。」

| カテゴリー 大迫勇也 |コメント(1)|

1年5か月ぶり代表復帰・大迫の躍進のきっかけは代理人の一言 “格下げ移籍”志願も

 代理人の秋山祐輔氏にオランダ1部や各国2部リーグへの移籍交渉について相談した。「試合に出たい」一心だった。だが、“身内”から返ってきたのは厳しい言葉。「サコ(大迫)の良さを分かっている俺が監督でも最初は外国人を使う。それはケルンだけじゃない。欧州クラブならどこでも同じ。どこにでも大きい外国人FWがいる。そこで結果を出して1トップを取らないといけない」

 苦い経験があった。12年ロンドン五輪出場を目指すU―23日本代表のエースとして本大会出場権獲得に貢献したが、五輪のメンバーから落選した。日本サッカー協会関係者によると関塚隆監督(当時)は、先発起用しなかった時に見せた大迫の態度が、ふて腐れているように映ったからだという。思い通りにいかない時、知らず知らずのうちに態度に出てしまう。今回の“格下げ移籍”も同じ思考だった。

 腹をくくった大迫は、サイドでもトップ下でも精力的に取り組んだ。「FW起用を勝ち取る」という明確な目標に向かっていた。今季は公式戦11試合に出場(先発9試合)し、4得点2アシスト。結果を出し、FW起用を勝ち取った。「もうあんな嫌な思いをしたくない、という思いが強い」。大迫が結果の世界に生きる、ストライカーとなって日本代表に戻ってきた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161108-00000037-sph-socc

続きを読む
タグ:大迫勇也
posted by ポペスク at 18:00 | コメント(1) | 大迫勇也 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月02日

大迫勇也「代表からは接触がありました。ただ、メンバーに入るかどうかはわかりません」

| カテゴリー 大迫勇也 |コメント(0)|

ケルン大迫勇也が語る好調の要因とは?日本代表から「接触があった」と明かす

例年にない好調を見せ、ブンデスリーガで4位につけるチームだが、大迫はまだまだ改善の必要があるとし「当然まだ完璧ではありません。互いにピッチの上で何を考えているのかもっと理解し合いたいですね」と話した。

さらに、日本代表のメンバー発表に向けて、JFA(日本サッカー協会)から打診があったことを明かしている。

「代表からは接触がありました。ただ、メンバーに入るかどうかはわかりません」

日本代表はオマーン戦、サウジアラビア戦に向けて、4日にメンバー発表を行う。好調の大迫が久しぶりにサムライ・ブルーに帰ってくるのかにも注目が集まるところだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161102-00000015-goal-socc

続きを読む
posted by ポペスク at 22:00 | コメント(0) | 大迫勇也 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月27日

ハリル監督、大迫召集決断 W杯最終予選サウジ戦の救世主だ

| カテゴリー 大迫勇也 |コメント(0)|

ハリル監督決断、大迫呼ぶ!W杯最終予選サウジ戦の救世主だ

今季ブンデスリーガで活躍するFW大迫の代表復帰が、明らかになった。関係者によると指揮官は、今季リーグ戦8戦2得点の大迫の招集を決断したという。日本はロシアW杯アジア2次予選8戦で27得点を挙げたが、9月に始まった最終予選では強豪相手に4戦6得点。得点力不足に嘆き、B組の3位(2勝1分1敗)に甘んじている。そんな決定力問題を解消すべく、昨年6月以来となる大迫に白羽の矢を立てた。

 大迫は21日の練習で右ふくらはぎを痛め、22日のヘルタ戦は前半で退いた。ただ、「試合に出たので(大丈夫)」と大事には至っていない様子。ハリルホジッチ監督は、大迫を日本に呼び寄せ、その目で直接状態を確認し、問題がなければ実戦で起用する考えだ。

 FW本田、MF香川ら日本の主力となる欧州組が軒並み所属チームで出場機会を失っている中、大迫は現在、7試合連続先発出場。9月に2戦連続弾を決めた際も指揮官は「(代表の)リストには入っていない。(活躍を)続ければ競争に入れる」とハッパをかけていた。

 2014年ブラジルW杯メンバーだった大迫が再び輝きを放つのか。最終予選で出遅れたハリルジャパンの救世主として、期待がかかる。

http://football-station.net/b/2016/10/089974.html

続きを読む
posted by ポペスク at 10:00 | コメント(0) | 大迫勇也 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月21日

大迫勇也、ケルンと2020年まで契約更新「チームでの居場所が見つかった気がします」

| カテゴリー 大迫勇也 |コメント(0)|

ケルン、FW大迫と2020年まで契約更新!「居場所が見つかった」

 ドイツ1部リーグ、ブンデスリーガのケルンは20日、FW大迫勇也(26)と2020年6月30日まで契約を更新したと発表した。

 大迫はクラブを通じ、「現在チームとしても良いサッカーをしていますし、個人的にはチームでの居場所が見つかった気がします。その為、契約更新をする運びとなりました。家族もこちらでの生活に慣れてきていますし、これからもここで頑張りたいと思います」とコメントを発表。

 シュテーガー監督は「勇也は多様な能力を持ち合わせた素晴らしい選手です。彼の技術、スピード、そしてダイナミックさはどれも我々の攻撃面にとって大事な要素です。シーズン序盤数試合で彼がこのチームにとってどれほど貴重な選手であるか表してくれました」とクラブを通じてコメントを発表し、期待を寄せた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161020-00000155-spnannex-socc

続きを読む
タグ:大迫勇也
posted by ポペスク at 06:00 | コメント(0) | 大迫勇也 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月17日

大迫勇也「勝利に貢献できるように頑張るので日本からも応援よろしくお願いします」

| カテゴリー 大迫勇也 |コメント(0)|

7戦無敗のケルンで好プレー連発 大迫勇也「チームも個人もいいスタート」

 ケルンは17日、同クラブ公式ツイッター日本語版にてFW大迫勇也のコメントを紹介した。

 ブンデスリーガ開幕7試合を終えて4勝3分けと無敗をキープしているケルン。王者バイエルンに次ぐ2位につけ、上々のスタートを切った。

 好調なチームにあって、大迫も全7試合出場(先発は6試合)2ゴールを記録している。15日の第7節インゴルシュタット戦では得点こそなかったものの、28分にフランス人FWアントニー・モデストの先制ゴールをアシスト。さらに37分にはペナルティーエリア内でファウルを受けてPKを獲得し、モデストの2点目へとつなげた。2ゴールに絡む活躍で、勝利に貢献した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161017-00504816-soccerk-socc

続きを読む
タグ:大迫勇也
posted by ポペスク at 22:00 | コメント(0) | 大迫勇也 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月16日

独紙 アシストとPK獲得の大迫を高評価

| カテゴリー 大迫勇也 |コメント(0)|

地元紙がアシスト&PK獲得と活躍した大迫を称賛…「モデストの最高のパートナー」

自身はゴールに近づくも決め切れなかった大迫だが、得点に絡み、勝利に大きく貢献した。地元メディア『エクスプレス』は大迫のプレーにチーム最高タイの「2」をつけ、チームほか5人と同様に高く評価。寸評では日本人アタッカーを「モデストの最高なパートナー」と称し、「彼の優れた足がミュンガースドルフ(ケルンの本拠地)を魅了した」とも記している。(※ドイツメディアの採点は1が最高、6が最低)

『ケルナー・シュタットアンツァイガー』ではDFヨナス・ヘクトルとともに並んだ格好でチーム2位タイの「2」となった。モデストに最高点「1」を与えた同メディアだが、大迫について「最近達したばかりの高いレベルで安定している」と好調を維持できている印象のようだ。なお「自身の好機は外してしまったが、アシストを記録し、PKを獲得した」と記された。

なお『ビルト』では大迫のパフォーマンスに「3」と及第点がつけられた。チーム単独最高点はモデストに対する「1」、最低タイの点数はGKティモ・ホルンとマティアス・レーマンに対する「4」となっている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161016-00000000-goal-socc

続きを読む
タグ:大迫勇也
posted by ポペスク at 09:44 | コメント(0) | 大迫勇也 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする








PVランキング

サイトランキング

FC2Ranking

ブログパーツ