最新の記事

2016年05月30日

メキシコ代表アラン・プリドが武装集団に拉致される

| カテゴリー 北中米 |コメント(0)|

メキシコでサッカー代表選手拉致 オリンピアコスのプリド選手

2014年サッカーW杯ブラジル大会(2014 World Cup)でメキシコ代表メンバーに選ばれ、現在ギリシャのオリンピアコス(Olympiakos)でストライカーとしてプレーするアラン・プリド(Alan Pulido)選手(25)が29日、母国メキシコ北東部タマウリパス(Tamaulipas)州で武装集団に拉致された。警察当局が明らかにした。

 地元メディアによると、プリド選手はシウダビクトリアで開かれたパーティーにガールフレンドを伴って出席した後、2人で車に乗って帰路についたところ、複数のバンに乗った武装集団に行く手をふさがれた。

 武装集団は、プリド選手に外に出るよう強要。ガールフレンドはすぐに解放されたが、プリド選手がどこに連れていかれたのかは分からないと話している。当局によると、軍や警察がプリド選手の行方を捜索している。武装集団からの連絡は今のところないという。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160530-00000003-jij_afp-socc

続きを読む
posted by ポペスク at 12:00 | コメント(0) | 北中米 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月13日

メキシコ、2026年W杯招致へ 

| カテゴリー 北中米 |コメント(0)|

メキシコ、W杯招致へ 2026年大会開催を狙う

メキシコは2026年ワールドカップ(W杯)招致に立候補するようだ。メキシコ『レコルド』が報じている。

2026年W杯招致には、これまでアメリカの立候補が予想されてきた。同国は2022年大会の招致にも立候補していた。

同じアメリカ大陸で、メキシコが立候補の意思を固めた。2026年大会招致を正式表明する最初の国になるとみられる。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160413-00000009-goal-socc

続きを読む
タグ:北中米
posted by ポペスク at 16:01 | コメント(0) | 北中米 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月14日

ラウール(38歳)、来月にも現役引退へ

| カテゴリー 北中米 |コメント(0)|

38歳の元スペイン代表FWラウール、来月にも現役引退へ

 現在アメリカのNASL(2部相当)ニューヨーク・コスモスでプレーする元スペイン代表FWラウール・ゴンザレスが、来月のシーズン終了とともに現役を引退する意向であることがわかった。スペイン紙『アス』が報じている。

 38歳のラウールは今季26試合に出場して7得点を挙げるなど健在ぶりをアピールしていたが、年齢からくる衰えで日々のトレーニングをこなしてトップコンディションを維持するのが難しくなってきたうえ、マドリードに住む家族に関する個人的な理由で引退を決めたようだ。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151014-00010028-footballc-socc

続きを読む
タグ:ラウール
posted by ポペスク at 22:00 | コメント(0) | 北中米 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月13日

警備員を突き飛ばしたワンチョペ氏、コスタリカ代表監督を辞任

| カテゴリー 北中米 |コメント(0)|

ワンチョペ氏がコスタリカ代表監督を辞任、スタンドで警備員を突き飛ばす

 英『デイリーメール』や『スカイスポーツ』などが詳細を報じている。ワンチョペ監督は今月11日に行われたコスタリカU-23代表のリオ五輪・北中米カリブ海予選のパナマ戦をスタンドで観戦した。試合は0-0で終了し、判定へ苛立ちを募らせた同監督がピッチレベルへ降りる際に事件は起きた。

 スタンドからピッチへ続く階段を下りようとするワンチョペ氏。警備で立っていた少年が、通すことはできないと言いたげな不安げな表情でゲート前に立つと、同氏は正面から、この少年を突き飛ばした。すると、それを後方から見ていた男性がワンチョペ氏へ殴りかかり、キックも見舞った。必死に抑え込もうとするワンチョペ氏はスタンドのイスへ倒れこみ、止めに入った複数の人間によって、事態は収拾されたという。

 試合後に同監督がピッチレベルへ下りる許可があったものの、現場には伝わっておらず、今回の件が起きてしまったようだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150813-00940604-gekisaka-socc

続きを読む
posted by ポペスク at 12:57 | コメント(0) | 北中米 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月31日

チチャリート 控えの役割に「泣きもした」「この2年間はよく耐えたと思う」

| カテゴリー 北中米 |コメント(7)|

ベンチ生活に不満のチチャリート「泣きもした」

 メキシコ代表でレアル・マドリーの“チチャリート”ことFWハビエル・エルナンデスは30日、アメリカ『フォックス・スポーツ』のインタビューに応じ、チームで過ごしているベンチ生活に不満を示した。

 マドリーが今季こなした45試合中20試合にしか出ておらず、その内スタメンとしてプレーしたのは5試合だけである。
「居心地は良くない。チャンスを与えられないし、僕はもっとプレーしたい」

 マンチェスター・ユナイテッドでも控えの役割を果たしていたチチャリートは「泣きもした」と明かし、この2年間に関しては「フラストレーションを感じた。この2年間はよく耐えたと思う」と、自身の辛さを語った。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150331-00010026-footballc-socc

続きを読む
posted by ポペスク at 18:04 | コメント(7) | 北中米 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月10日

ラウールがNYコスモスで入団会見「アメリカに行くことをいつも夢見ていたんだ。ニューヨークより良い街はない」

| カテゴリー 北中米 |コメント(0)|

ラウールがNYコスモスで入団会見「アメリカ行きをいつも夢見ていた」

 NASL(北米サッカーリーグ)のニューヨーク・コスモスは9日、元スペイン代表FWラウール・ゴンサレスの入団会見を行った。

 10月30日に2015年からの複数年契約を締結。また、引退後に同クラブ下部組織のテクニカルアドバイザーに就任することが決まったと発表されていたラウールは、「クラブの偉大な歴史を積み重ね、そこに貢献したい」と意気込みを語り、「多くの試合でチームが勝利するためにフィールド上で貢献したいし、僕の経験を若い選手に伝えたい。また、ユースの成長を促していくことにもなる」と、チームへの多くの貢献を誓った。

 4月に開幕するNASLはアメリカの実質2部リーグとなっている。ラウールは「アメリカに行くことをいつも夢見ていたんだ。ニューヨークより良い街はないし、ニューヨーク・コスモスより良いチームもない。なぜなら、クラブには偉大な歴史があるからだ。ペレや(フランツ)ベッケンバウアー、(ジョルジョ)キナーリャといった多くの選手たちがクラブを偉大にした。今、新たな時代が訪れている。クラブの尽力を助けていきたい」と加入した理由についても触れている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141210-00257578-soccerk-socc&pos=3

続きを読む
posted by ポペスク at 23:00 | コメント(0) | 北中米 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月21日

ラウール、ニューヨーク・コスモスと契約合意か ESPN報道

| カテゴリー 北中米 |コメント(0)|

ラウルの新天地はアメリカか? 現地で契約合意報道

 元スペイン代表FWラウル・ゴンサレスは、2015年からNASL(北米サッカーリーグ)のニューヨーク・コスモスでプレーすることになるかもしれない。『ESPN』によると、ラウルは早ければ今週中にもNYコスモスとサインを交わし、選手としてプレーすると同時に、ユース部門で指導者としての活動も開始するという。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141021-00172601-gekisaka-socc

続きを読む
タグ:ラウール
posted by ポペスク at 19:37 | コメント(0) | 北中米 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月11日

ドノヴァン、米代表ラストマッチ「寂しくなる」

| カテゴリー 北中米 |コメント(0)|

米サッカーの英雄ドノヴァン、代表ラストマッチに涙「寂しくなる」

 国際親善試合が10日各地で行われ、アメリカ代表はエクアドル代表と対戦した。この試合で、今シーズン限りでの現役引退を表明している、メジャーリーグサッカー(MLS)のロサンゼルス・ギャラクシーに所属するFWランドン・ ドノヴァンが同代表ラストマッチに臨んだ。同日付の米紙『ニューヨーク・ タイムズ(電子版)』など各メディアが報じている。

 アメリカ史上最高の選手とも称されるドノヴァンは、キャプテンマークを巻き先発出場、国歌斉唱の際には薄らと涙を浮かべていた。

 試合は5分、ドノヴァンが左サイドを突破しクロスを上げると、そこからパスを繋ぎ、最後はMFミッケル・ディスケルドが豪快に決めて先制した。ドノヴァンは真っ先にディスケルドのもとに駆け寄り、スタジアムが大歓声に包まれた。25分にはFWジョジー・アルティドールのヒールパスを受けたドノヴァンが決定機を迎えたが、シュートはポストに当たり惜別ゴールとはならなかった。

 そして41分、交代が告げられたドノヴァンはチームメイト1人ひとりと抱擁を交わし、総立ちの観衆からは「サンキュー、ランドン!」のコールが繰り返され、観客は最後の雄姿を見届けた。

 鳴りやまない歓声に応えた同選手は「それは私の想像を超えていた。人として(サポーターから)このような愛情とサポートを受けられたことは信じられない。今夜のこの気持ちは何物にもかえられない。とても感傷的な1週間だった。寂しくなるね」と、素晴らしい思い出が出来た一方、代表ラストマッチに寂しさを募らせた。

 試合後にはセレモニーが行われ、スタジアムの大型モニターにはドノヴァンの代表15年間の軌跡が映し出された。これに同選手は堪え切れずに涙を流した。これについてドノヴァンは「最後のビデオは最高だった。ちょっと自分の感情が出過ぎたね。プレーすることで自分が自分でいられた。私の人生はこのスポーツを通じて形成されたんだ。サッカーでの経験が私に成長と学びを与えてくれた」と、数々のドラマとともに自身も成長したことを明かしている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141011-00240947-soccerk-socc

続きを読む
posted by ポペスク at 22:18 | コメント(0) | 北中米 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月09日

ジャマイカ代表来日メンバー発表 レスター主将ウェズ・モーガンら

| カテゴリー 北中米 |コメント(0)|

日本と対戦のジャマイカ代表発表…レスター主将モーガンら18名

 9日、日本サッカー協会は、10日に日本代表と対戦するジャマイカ代表の来日メンバーを発表した。

 来日メンバー18名中、国外組は13名でアメリカでプレーする選手が中心。プレミアリーグのレスターで主将を務めるウェズ・モーガンも順当に選出されている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141009-00240227-soccerk-socc

続きを読む
posted by ポペスク at 15:10 | コメント(0) | 北中米 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする








PVランキング

サイトランキング

FC2Ranking

ブログパーツ