最新の記事

2017年02月07日

ミランがまた失態 今冬放出の若手FWがプレミアで活躍

| カテゴリー ACミラン |コメント(0)|

ミランがまたもや失態! 逃した宝は大きく… 今冬放出の若手FWが新天地プレミアで大暴れ

 近年の移籍市場で失態が続くACミランが、またもやしでかしてしまったようだ。イタリア代表MFジャコモ・ボナベントゥーラが左太ももの手術で今季絶望となるなど負傷者続出に見舞われるなか、プレミアリーグのワトフォードに放出した左ウイングの元レギュラーFWエムベイェ・ニアングが、新天地のプレミアリーグで覚醒している。移籍後間もない1月31日のアーセナル戦で先発して2−1の大金星に貢献すると、 4日のバーンリー戦では1得点1アシストと大暴れしている。

 累積赤字と身売り交渉の長期化で金欠が続くミランは、大きな宝を逃してしまった。今季のミランでは、当初左ウイングでレギュラーとしてプレーするも、ヴィンチェンツォ・モンテッラ監督と起用法を巡って衝突。その結果、ワトフォードに期限付き移籍で放出されたニアングだったが、今やプレミアの主役の一人となっている。

 ワトフォードに完全買い取りオプション付きのレンタル加入となったニアング。英地元紙「デイリー・メール」によると、ワトフォードは移籍金1350万ポンド(約19億円)の支払いに早くも前向きな姿勢を示しているという。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170206-00010020-soccermzw-socc&pos=3

続きを読む
posted by ポペスク at 06:00 | コメント(0) | ACミラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月04日

今も後悔するアレシャンドレ・パト「まだミランは僕の心の中に」

| カテゴリー ACミラン |コメント(0)|

ブラジル神童のキャリアを狂わせた退団…… 今も後悔するパト「まだミランは僕の心の中に」

パトが伊『sky SPORT』のインタビューに応じ、愛するミランについて語っている。

「ミランは偉大なクラブだよ。僕はミランで数年間はうまくやることができた。でも、最終的には望んでいたような結果を得られなかったんだ。自信も失ってしまったし、ブラジルへ帰ることを決断したよ」

「僕はこのような現状に失望している。僕の心の中にはまだミランへの想いが残っているし、今でも彼らのためにベストを尽くしたいと思っているんだ。チームはモンテッラ監督のもとで成長している。ファンは偉大なチャンピオンの姿に見慣れてしまったかもしれないけど、彼らはいつか再び戻ってくると思うよ」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170204-00010003-theworld-socc

続きを読む
posted by ポペスク at 15:48 | コメント(0) | ACミラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月21日

ミランがシメオネ息子獲得を検討か

| カテゴリー ACミラン |コメント(0)|

ミラン、シメオネ息子の獲得検討か…セリエA初挑戦で15戦6発、期待の21歳

 日本代表FW本田圭佑が所属するミランが、ジェノアに所属するアルゼンチン人FWジオバンニ・シメオネの獲得を検討しているようだ。イタリアメディア『Tuttomercatoweb.com』が19日に報じている。

 報道によると、ミランは来夏の移籍市場におけるジオバンニの獲得を検討しているという。同選手は、アトレティコ・マドリードを率いるディエゴ・シメオネ監督の息子だ。現在21歳で、今夏の移籍市場でジェノアに加入した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161221-00530151-soccerk-socc

続きを読む
posted by ポペスク at 21:00 | コメント(0) | ACミラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月13日

ニアン、PK7本中4回失敗「次はラパドゥーラに譲る」

| カテゴリー ACミラン |コメント(0)|

PKを7本で4回失敗…ミランのニアングが傷心「次はラパドゥーラに譲る」

 ジャンルカ・ラパドゥーラが倒されて得た27分のPKのチャンス。右足インサイドキックで丁寧にゴール右側を狙ったが、相手GKのヴォイチェフ・シュチェスニーに完璧に読まれて弾かれる。

 昨シーズンからミランでPKを蹴る機会が増えたニアングだが、これまでローマ戦を含めてトップリーグ(リーグ・アンとセリエA)でPKを7回蹴って4回失敗。とりわけ今シーズンは3本中1本しか成功しておらず、PKキッカーとしての責任を果たせていない。

ニアング本人は、次にように語っている。「僕にとって苦しい時期が続いている。今日もPK失敗の責任を負った。申し訳なく思っている。ラパドゥーラとの間に問題はない。今日も蹴る前に落ち着いて集中するんだって声をかけてくれた。ただ、次はラパドゥーラに譲ろうと思う。彼はそれに値すると思う」

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161213-00021174-sdigestw-socc

続きを読む
posted by ポペスク at 20:00 | コメント(0) | ACミラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月08日

ミランが中国企業との買収交渉が3月まで先延ばしになった事を発表 冬の移籍市場に影響

| カテゴリー ACミラン |コメント(0)|

中国企業がミランとの買収交渉をドタキャン! 来年3月延期で今冬の移籍市場に打撃必至

 ACミランは中国企業への身売りで合意に達しているが、中国企業「シノヨーロッパ社」が12月13日に予定されていた買収交渉の完了手続きをドタキャン。来年3月3日まで延期となったことが正式決定した。ミランの親会社であるフィニンベスト社が、声明を発表した。

 ミランは昨年タイ人富豪と株式売却で合意に達していたが、再三の遅延の末に白紙に戻った経緯があった。ミランはすでに中国人企業に身売りすることで合意に達しており、シノヨーロッパ社はディポジットとして1億ユーロ(約120億円)を支払っていたが、12月13日までの合意が不可能となった。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161207-00010021-soccermzw-socc

続きを読む
タグ:ACミラン
posted by ポペスク at 12:00 | コメント(0) | ACミラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月06日

ミラン会長が2トップ要求もモンテッラ監督は拒否

| カテゴリー ACミラン |コメント(0)|

モンテッラ監督がミラン会長の“2トップ”要求を拒否! 「私は3トップでやる」と宣言

 日本代表FW本田圭佑が所属するACミランのヴィンチェンツォ・モンテッラ監督が、シルビオ・ベルルスコーニ会長による現場介入を跳ね返していたことが明らかになった。イタリア国営放送「RAI」のインタビューに応じている。

 2トップとトップ下を置くシステムを偏愛するベルルスコーニ会長は、第15節終了時点でローマと並び首位ユベントスを勝ち点4差で追う2位のチームに対し、「ファーストトップを置いてセカンドストライカーにスソ、その下にボナベントゥーラだ」と、ライフワークの現場介入を行いモンテッラ監督に論争を仕掛けたことを明らかにしていた。しかし、指揮官はその要求を突っぱねたという。

「最初にベルルスコーニと会った時、ピッチに立つ11人を全部イタリア人にしろと言ってきたね。そして2トップを要求してきた。私の返答は『私は3トップでやる』だったのだが……」

 イタリア人選手を育成していくという目的にはある程度沿っているものの、2トップの要求は頑として跳ね返したと明かしている。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161205-00010018-soccermzw-socc

続きを読む
タグ:ACミラン
posted by ポペスク at 10:00 | コメント(0) | ACミラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月09日

「俺と遊ぶかカカーの宗教か、どちらか選べ」ロナウドが当時17歳のパトに迫る

| カテゴリー ACミラン |コメント(0)|

「俺と遊ぶかカカーの宗教か、どちらか選べ」 快速FWを動揺させた“番長”ロナウドの誘惑

「あれは僕が17歳の時だ。僕の座る席はロナウドとマルディーニに挟まれていて、前にはカカーがいたね。するとロナウドがこっちへやってきて『調子はどうだい?』と聞いてきて、僕にプレイボーイ雑誌を見せながらこう言ってきた。『俺とカカー、どちらかを選べ。遊びと宗教、どっちが好きなんだ? 俺のグループか、カカーのグループのどちらかに入るんだよ』ってね。僕は戸惑ったよ。ロナウドは僕が昔プレステで遊んでた選手だし、そんなことになるなんて想像もしてなかった。でもこの出来事は忘れられない瞬間さ」

最終的にパトが“ロナウド派”に属したのか、それとも堅気なグループへ入門したのかは分からないが、ピッチ上においてはカカーとの連携により深いシンパシーを感じていたように思える。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161108-00010011-theworld-socc

続きを読む
posted by ポペスク at 18:00 | コメント(0) | ACミラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月02日

ミランに追い風 チェルシーがセスクの期限付き移籍容認へ

| カテゴリー ACミラン |コメント(0)|

本田と入れ替わりでミラン入り!? チェルシーがセスクのレンタルでの放出を容認へ

 セスクは今季就任したアントニオ・コンテ監督の信頼を勝ち取ることができず、これまで4試合出場わずか87分間のプレータイムにとどまっている。残り2年半の契約を残すが、900万ユーロ(約10億円)とされる高額年俸もネックになり完全移籍は難しいと判断。クラブ側は期限付き移籍を容認することで、冬の移籍市場で他クラブへ放出する方針だとしている。

 これにより、かねてからセスク獲得を狙っているとされるACミランなどにとっては追い風となる。日本代表FW本田圭佑はミランで居場所を失い、契約を半年間残した冬の移籍市場での放出が現実的とイタリアメディアでは報じられているが、入れ替わりでスペイン代表の実力者がやって来る可能性も高まった。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161102-00010012-soccermzw-socc

続きを読む
posted by ポペスク at 20:00 | コメント(0) | ACミラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月21日

ミラン新経営陣 モンテッラ監督の意向を無視してセスク獲得に動きトラブル発生か

| カテゴリー ACミラン |コメント(0)|

ミラン新経営陣が暴走!? モンテッラ監督の意向を無視してセスク獲得に動きトラブル発生か

 クラブの新たなCEOに就任したマルコ・ファッソーネ氏は、チェルシーのスペイン代表MFセスク・ファブレガス獲得に執心で、すでにチェルシー側へオファーを出しているという。しかし、これがチームのヴィンチェンツォ・モンテッラ監督にとっては大迷惑な状況を生んでしまっているという。

 すでにモンテッラ監督は、セスク獲得について「システムに合わない」とのコメントを残し、否定的な見解を示している。そして冬の移籍市場で獲得すべきは、左膝前十字靭帯の損傷で長期離脱となった主将のMFリッカルド・モントリーボの穴を埋めるための、3ボランチの中央ができるタイプの選手だと明言している。

 しかし、ファッソーネ氏がセスク獲得に動いたことで、チェルシーはこれを利用する形で、今夏にアントニオ・コンテ監督が望みながら実現しなかったミランDFアレッシオ・ロマニョーリの獲得を、再び目指す方針を見せているという。モンテッラ監督にとっては、望んでいない選手獲得を新フロントが主導し、信頼のおける若手DFが交換要員として狙われるという大迷惑な状況ができあがってしまった。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161021-00010010-soccermzw-socc

続きを読む
posted by ポペスク at 18:01 | コメント(0) | ACミラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする








PVランキング

サイトランキング

FC2Ranking

ブログパーツ