最新の記事

2016年07月21日

レアル合宿をドログバが訪問 ジダン監督と2ショット

| カテゴリー レアル・マドリード |コメント(0)|

 現在カナダにあるモントリオール・インパクトの施設で合宿しているレアル・マドリードをモントリオール・インパクトFWディディエ・ドログバが訪問。ドログバはジダン監督やベンゼマ、ウーデゴールなどと写真撮影を行った。


続きを読む
posted by ポペスク at 12:00 | コメント(0) | レアル・マドリード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月20日

ベイルがゴルフボールリフティングを披露【動画】

| カテゴリー レアル・マドリード |コメント(0)|

ベイルが驚愕の足技を披露! 30秒間の“ゴルフボール”リフティングの動画を公開

 UEFAチャンピオンズリーグ優勝に欧州選手権ベスト4、そして自身の誕生日にフィアンセのエマ・リース・ジョーンズさんへのプロポーズが成功するなど、ベイルはこの数カ月で人生最高の時を送っている。それに気を良くしたのか、ツイッター上で動画を公開している。

 ベイルは見慣れたサッカーユニホーム姿ではなく、ベースボールキャップに赤いポロシャツ、ハーフパンツという出で立ちで登場。そして右腕にはゴルフのアイアンを持っていた。するとウェールズの天才アタッカーはアイアンで何度かボールをリフティングしたかと思えば、両足や太ももを使って、サッカーボールに比べて明らかに小さいゴルフボールを30秒間落とさずにコントロールし続けた。

 この驚愕の足技には英紙「サン」も、「インクレディ・ベイル(途方もないベイル)」と、もじったタイトルを付けつつ「ウェールズのヒーローは、とても小さなボールでも自らのビジネスをできることを証明した」とそのテクニックを絶賛している。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160720-00010002-soccermzw-socc

続きを読む
posted by ポペスク at 09:09 | コメント(0) | レアル・マドリード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月19日

ネイマール2世ジェズス(19歳)がレアル・マドリー移籍へ

| カテゴリー レアル・マドリード |コメント(0)|

ブラジルの19歳新星ジェズス、レアル移籍へ…バルサが争奪戦から撤退

 ジェズスは1997年生まれの19歳。8月に開催されるリオデジャネイロ・オリンピックに出場するブラジル代表メンバーに選出された逸材で、バイエルンやユヴェントス、マンチェスター・U、パリ・サンジェルマンといったビッグクラブからの関心を報じられている。一時はバルセロナが獲得目前に迫っていたと伝えられていたが、6月下旬から争奪戦の様相は混沌としたものになった。

 16日付のスペイン紙『アス』はレアル・マドリードが獲得レースをリードしていると報じていたが、今回の報道によれば、バルセロナはジェズス争奪戦から撤退したようだ。今後はレアル・マドリードとパルメイラスの交渉が進み、移籍が決定すると見られている。

『マルカ』によると、パルメイラスは移籍金2000万ユーロ(約23億5000万円)でのオファーには断りを入れており、レアル・マドリードは3000万ユーロ(約35億2000万円)程度を支払うことになる模様。ジェズスは同クラブへ完全移籍したうえで、2016年末まではパルメイラスにレンタル移籍で加入する形で残留する見通しとなっている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160719-00469676-soccerk-socc&pos=2

続きを読む
posted by ポペスク at 20:00 | コメント(0) | レアル・マドリード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月18日

ウーデゴールの扱いで、ジダンとレアル会長が口論

| カテゴリー レアル・マドリード |コメント(0)|

Rマドリード会長とジダン監督が衝突!若手選手対応めぐり口論

 フランス紙ル・10スポルトが伝えているところでは、プレシーズン初日の16日、選手たちがメディカルチェックを行っているところにペレス会長が訪問。単なる選手への激励ではなく、17日に出発するカナダ遠征にノルウェー代表の若手MFウーデゴールを一軍帯同させるよう指示を出したという。

 同選手をメンバーから外す考えだったジダン監督にとってはプラン変更を余儀なくさせる“職権侵害”。最終的に譲歩する形となったが、ジダン監督は2軍監督時代にも同選手の扱いで苦慮していただけに頭痛の種が大きくなっている。

 昨年1月、争奪戦の末にウーデゴールは当時16歳でレアルに入団した。ただ、選手の扱いについては契約で「週5日一軍で練習」と条件が付けられており、2軍チームの練習にはいないが、試合で起用しなければならない状態となっていた。また10代半ばでトップチーム選手級の給料を得ていることから他の2軍選手たちの反発が強く、チームに馴染むことがなかったという。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160717-00000062-dal-socc

続きを読む
posted by ポペスク at 12:00 | コメント(0) | レアル・マドリード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ベイルが誕生日にプロポーズ成功 「彼女はイエスと言ってくれた!」

| カテゴリー レアル・マドリード |コメント(1)|

CL制覇、ユーロで躍進、そして結婚へ…ベイルがプロポーズ成功! 「忘れられない誕生日」

レアル・マドリーに所属するウェールズ代表MFガレス・ベイルが婚約した。『ツイッター』で報告している。

以前からエマ・リース・ジョーンズさんと交際していた27歳のベイルは、自身の誕生日である16日にプロポーズし、見事エマさんから「イエス」を引き出した。なお、ベイルとエマさんの間にはすでに2人の娘がいる。

ベイルは『ツイッター』で「彼女はイエスと言ってくれた! ずっと忘れられない誕生日の週末になったよ」と、“ゴール”を決めたことを報告した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160718-00000030-goal-socc

続きを読む
posted by ポペスク at 08:00 | コメント(1) | レアル・マドリード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月14日

レアル、世界で最も価値あるスポーツクラブの座から転落

| カテゴリー レアル・マドリード |コメント(0)|

レアル・マドリー、世界で最も価値あるスポーツクラブの座から転落 新たな1位は…

『フォーブス』が13日付で発表した最新のランキングによれば、世界で最も価値が高いと試算されるスポーツクラブはNFLのダラス・カウボーイズ。その価値は実に40億ドル(約4173億円)とのことだ。

マドリーは36億5000万ドル(約3807億円)で、サッカー界ではトップだが全体の首位からは陥落することになった。宿敵バルセロナが僅差の35億5000万ドル(約3703億円)で3位に続いている。

4位にはMLBのニューヨーク・ヤンキース、5位にはマンチェスター・ユナイテッドが続く。以下トップ10圏内はNFL、MLB、NBAなどアメリカンスポーツのクラブが占め、サッカークラブではバイエルン・ミュンヘンが全体の12位。また、全体の36位から23位に上昇したアーセナルはトップ50圏内で最も順位を上げたクラブだったとのことだ。

50位以内にはほかに、マンチェスター・シティ(28位)、チェルシー(36位)、リヴァプール(41位)のプレミアリーグ勢がサッカー界からランクインしている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160714-00000007-goal-socc

続きを読む
posted by ポペスク at 16:00 | コメント(0) | レアル・マドリード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月25日

ハメス・ロドリゲスがマンUに70億円で移籍か ジダン監督はパイェに注目

| カテゴリー レアル・マドリード |コメント(0)|

ハメスが70億円でマンU移籍か…ジダン監督はパイェに熱視線

 レアル・マドリーでレギュラーが確約されていないコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスのマンチェスター・ユナイテッドへの移籍話が加速している。『デイリー・ミラー』によると、マンUは5000万ユーロ(約70億円)の移籍金を払えば獲得が可能だと考えているという。

 また、レアルは現在開催中のEUROでブレイク中のフランス代表MFディミトリ・パイェに熱視線を送っている模様。特に同胞のジネディーヌ・ジダン監督は「素晴らしい、彼には常に才能があった。29歳になった今でも高い評価を得ている」と絶賛しているとのことで、指揮官のゴーサインがあれば、話が大きく進む可能性がある。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160625-01628628-gekisaka-socc

続きを読む
posted by ポペスク at 20:16 | コメント(0) | レアル・マドリード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月24日

アンチェロッティ「レアルのウーデゴール獲得はPR活動だった」

| カテゴリー レアル・マドリード |コメント(0)|

アンチェロッティが告白 「レアル・マドリーのウーデガルト獲得はPR活動だった」

元レアル・マドリー監督のカルロ・アンチェロッティ氏は、クラブが2015年1月にノルウェー代表MFマルティン・ウーデガルトを獲得したのは、自身の意に沿わないクラブ主導の「PR活動」だったと主張している。

新たな著書の中で同氏が次のように述べたとして、スペインやイギリスなどのメディアが伝えている。

「フロレンティーノ(・ペレス会長)がノルウェー人選手を買ってくるなら、単純にそれを受け入れるしかない。さらに会長は、PR活動として彼がトップチームで3試合に出場することを決めた」

「仮に世界最高の選手だったとしても関係のない話だ。私の要求した選手ではなかったのだからね。PR活動を行うための獲得だったんだ」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160623-00000002-goal-socc

続きを読む
posted by ポペスク at 00:00 | コメント(0) | レアル・マドリード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月01日

英紙「ペペ・ルールを制定すべき」 CL決勝で見せた演技に非難

| カテゴリー レアル・マドリード |コメント(0)|

レアルDFがCL決勝で見せた”2つの演技”に非難殺到! 英紙「ペペ・ルールを制定すべき」と断罪

 レアル・マドリードが11度目の欧州王座に輝いたUEFAチャンピオンズリーグ決勝は、対戦相手のアトレチコ・マドリードも含めた壮絶な死闘となった。その中で“大根役者”ぶりを2度も見せたレアルのポルトガル代表DFペペが、大バッシングを受けている。特に英高級紙「ガーディアン」は、「もはや“ペペ・ルール”を制定すべき時だ」とのタイトルで酷評している。

 同紙は決勝で見せた2つの演技について、「ペペの偉大な行為」と皮肉たっぷりに表現しつつ、大袈裟で傍若無人な振る舞いとこき下ろした。「今シーズンのペペは32試合で7枚ものイエローカードを受けている」と相変わらずのラフプレーぶりを指摘しつつ、次のように提言している。

「ただ、このような極悪非道な振る舞いに対策するための新たな機会となるかもしれない。シミュレーションを行った選手に対してイエローカードを提示する機会は、明らかに機能していなかった。そういった意味でCL決勝は大きな欠陥を示した」

 後半開始直後にペペがFWフェルナンド・トーレスを倒してPKを献上した場面に関しては「グレーの部分」としつつも、「ペペのふざけた態度については木炭並みの“クロ”だ。彼は退場処分を下される必要があった」と、2度にわたる欺きを断罪した。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160531-00010016-soccermzw-socc

続きを読む
posted by ポペスク at 18:00 | コメント(0) | レアル・マドリード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする








PVランキング

サイトランキング

FC2Ranking

ブログパーツ