最新の記事

2016年02月06日

アザールがモウリーニョに謝罪「罪悪感を感じている」

| カテゴリー チェルシー |コメント(1)|

不振の”チェルシー10番”が解任されたモウリーニョに謝罪 「罪悪感を感じている」

 チェルシーのベルギー代表MFエデン・アザールが昨年12月にクラブを解任されたジョゼ・モウリーニョ前監督に対し、謝罪メールを送っていたことを明かした。英地元紙「ガーディアン」が報じている。

「彼(モウリーニョ)に謝るため、メッセージを送ったよ。昨年は一緒に成功を味わったが、今季はそういかなかった。僕は昨季プレーヤー・オブ・ザ・イヤーを獲得していただけに、罪悪感を少し感じている。僕は最も決定的なプレイヤーの1人だったはずなのに、今年はいいプレーができていなかった」

 昨季のリーグMVPは自責の念にかられていた。記者協会MVP、選手協会MVPにも選出されるなど個人タイトルを総ナメにし、リーグとリーグ杯二冠に大きく貢献した背番号10は、今季は24節を終えてリーグ戦でいまだ無得点と深刻な不振に陥っている。その結果、チームも下降線をたどり、結果的には“スペシャル・ワン”が事実上の解任となる結果を招いた。

 当然、アザール1人の責任という話ではないが、昨季14得点10アシストを記録したアタッカーの不振が、チームにもたらした影響が少なくないことは確かだろう。

「今の僕は昨年と同レベルにない。だからジョゼに(謝罪)メールを送ったんだ。その後、彼は僕のところに来てくれて、今後の幸運を祈ってくれたよ」

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160206-00010006-soccermzw-socc

続きを読む
posted by ポペスク at 18:30 | コメント(1) | チェルシー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月05日

チェルシー、アッレグリ監督招聘へ 合意間近か?

| カテゴリー チェルシー |コメント(0)|

チェルシー、年俸9億円でアッレグリ監督招聘へ 合意間近とも

 チェルシー(イングランド)が来季以降の指揮官として、ユヴェントス(イタリア)のマッシミリアーノ・アッレグリ監督(48)にオファーを出すようだ。伊サイト『カルチョメルカート』の情報をもとに、英タブロイド紙『ザ・サン』(電子版)をはじめ、複数メディアが現地時間4日に報じている。

 報道によれば、チェルシーはアッレグリ監督に対し、4年契約のオファーを用意しており、年俸は530万ポンド(約9億円)とのこと。チェルシーはアッレグリ監督と合意間近で、残すは契約解除金の問題のみだという。

 チェルシーでは昨年12月にジョゼ・モウリーニョ氏が退任。現在は今季終了までの契約で、フース・ヒディンク監督が指揮をとっている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160205-00000013-ism-socc

続きを読む
posted by ポペスク at 14:10 | コメント(0) | チェルシー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月01日

ジョン・テリー、契約延長はなし 半年後にチェルシー退団へ

| カテゴリー チェルシー |コメント(0)|

テリー、半年後にチェルシー退団へ 契約延長はなし

チェルシーの主将を務めるDFジョン・テリーが、今シーズン終了後にクラブを去る見込みであることを明かした。イギリス各メディアが伝えている。

チェルシーは1月31日にFAカップでMKドンズと対戦し、5?1と快勝した。この試合の後、テリーが今後について語っている。チェルシー主将は今シーズンいっぱいまでとなっている契約を延長する予定がないそうだ。

「契約延長はないだろう。これが最後のFAカップになりそうだから、良いものにしたい。アーセナル戦の前に聞いた。新しい監督が来たら、状況は変わるかもしれないと言われたよ。つまり、今はノーだということだ」

テリーは長く過ごしたチェルシーを離れて、ほかのクラブで新しい挑戦を始めるつもりだ。

「毎年そうしてきたように、1月に(契約延長するかを)知る必要があった。残念ながら今回はノーだったね。チェルシーで引退するつもりではないよ。どこかほかに行くと思う。でも、自分のパフォーマンスや練習の方法は、これまでやってきたとおりだ。すべてを出し切って良い形で終わりたい」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160201-00000035-goal-socc

続きを読む
posted by ポペスク at 06:05 | コメント(0) | チェルシー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月29日

チェルシー、ガンバ大阪MF堂安律に関心か 英報道

| カテゴリー チェルシー |コメント(1)|

チェルシー、G大阪のU-18代表MF堂安を獲得か? 武藤に続き日本人選手に関心

 イングランド・プレミアリーグの名門チェルシーが、再び日本人選手に興味を示しているようだ。英紙『デイリー・テレグラフ』が報じている。

 同紙によれば、チェルシーはガンバ大阪に所属する17歳のU-18日本代表MF堂安律の獲得を狙っていると伝えている。

 G大阪のユース出身の堂安は、U-13から各年代の日本代表に選出されており、昨年6月には16歳でJリーグデビューを果たしている。

 記事では、「17歳の堂安は中盤のセンターまたは右サイドの両方でプレーできる。10代の選手にもかかわらず、すでにJ1でデビューしており、次世代のアジア人スターとされている」と紹介されている。

 また、チェルシーは数日以内に獲得へと乗り出し、そのままG大阪に期限付き移籍させる考えだと言う。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160128-00010031-footballc-socc

続きを読む
posted by ポペスク at 16:04 | コメント(1) | チェルシー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月27日

チェルシーにもFIFAから補強禁止の処罰の可能性 16歳選手の獲得が問題か

| カテゴリー チェルシー |コメント(0)|

FIFA、チェルシーにも補強禁止の処罰か。16歳選手の獲得が規定に抵触

 バルセロナ、レアル・マドリー、アトレティコ・マドリーに続いて、チェルシーもまた選手獲得を禁止されるかもしれない。26日、スペイン紙『スポルト』が報じている。

 今回、チェルシーもこの対象に加わる可能性が報じられており、同クラブはバートランド・トラオレを当時16歳で獲得したことが規約に抵触したとみられている。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160127-00010008-footballc-socc

続きを読む
タグ:チェルシー
posted by ポペスク at 11:12 | コメント(0) | チェルシー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月25日

コスタのゴールで退場者を出したアーセナルにチェルシーが勝利【動画】

| カテゴリー チェルシー |コメント(1)|

プレミアリーグ 2016年1月25日 • 1:00 • エミレーツ・スタジアム, London 主審: M. クラッテンバーグ • 観客: 60072
アーセナル 0 0 前半 1 1 チェルシー
0 後半 0

得点者 ジエゴ・コスタ 23'


D・コスタが大暴れ! チェルシー、“お得意様”アーセナル下しダービー制す
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160125-00010003-footballc-socc

続きを読む
posted by ポペスク at 02:58 | コメント(1) | チェルシー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月22日

オスカル、adidasのプロモでトリッキーなシュートを披露【動画】

| カテゴリー チェルシー |コメント(1)|

 チェルシーMFオスカルがアディダスのプロモーションビデオでトリッキーなシュートを披露。

続きを読む
posted by ポペスク at 22:00 | コメント(1) | チェルシー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月16日

チェルシー、ラニエリ復帰を画策か

| カテゴリー チェルシー |コメント(0)|

チェルシー、まさかの「第2次政権」パート2? ラニエリ復帰を画策か

モウリーニョ監督は2度目のチェルシー指揮官就任で、またも3年目につまずいた。それに懲りないのか、オーナーのロマン・アブラモビッチ氏は、また指揮官を呼び戻す意向であるという。

今回その名が報じられたのは、現在レスターを率いるクラウディオ・ラニエリ監督。このイタリア人指揮官がアブラモビッチ氏の意中の人であると、イタリア『トゥットスポルト』が報じている。

ラニエリ監督は2000年にチェルシーの監督に就任。プレミアリーグで2位になるなどしたが、2003年にやって来たアブラモビッチ氏を満足させることはできず、同オーナーによる解任第1号となっていた。その次にやって来たのが、チャンピオンズリーグ優勝という経歴を引っ提げてポルトから引き抜かれたモウリーニョ氏だった。

こうして一度はたもとを分かった2人だが、人間関係は決して悪いものではなかったらしい。現在のレスターの好調ぶりも、オーナーの気持ちを動かすには十分なものかもしれない。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160116-00000032-goal-socc

続きを読む
posted by ポペスク at 08:00 | コメント(0) | チェルシー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月15日

ジエゴ・コスタ、怒りの壁ドンでスタジアムのトンネルを破壊

| カテゴリー チェルシー |コメント(0)|

チェルシーの暴れん坊FWがまたも蛮行! 怒りの壁ドンでスタジアムのトンネルに穴を開ける

 チェルシーのスペイン代表FWジエゴ・コスタの暴れっぷりはジョゼ・モウリーニョ前監督が解任となり、フース・ヒディンク新監督が就任しても変わらないようだ。コスタが1月13日にホームのスタンフォード・ブリッジで行われたウエスト・ブロムウィッチ戦後、ピッチから引き上げる際に怒りに任せてスタジアム内のトンネルの壁にパンチを見舞い、穴を開ける蛮行に出た。英地元紙「デイリー・ミラー」が報じている。

 試合は2-2の引き分けに終わり、昨季王者はプレミアリーグ14位と浮上できず。来季のUEFAチャンピオンズリーグ出場権を獲得できる4位以内を目指すには、厳しい状況となっている。

 相手選手への執拗な挑発行為などで問題児と化しているコスタは、この試合でプレミアで札付きのカードコレクターとなっているMFクラウディオ・ヤコブを、警告2枚で退場に追い込むために挑発したが、逆に後半開始早々にカードを受ける羽目になった。

 そして、試合終了のホイッスルが鳴った直後、コスタは怒りを爆発。真っ先に主審に詰め寄って抗議をしただけでは飽き足らず、相手GKボアズ・マイヒルとの口論の末、チェルシー守護神ティボ・クルトワに制止され、ピッチを後にした。だが、怒りは収まらず、トンネルにパンチをお見舞いし、穴を空けるという愚行を犯してしまった。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160114-00010018-soccermzw-socc

続きを読む
posted by ポペスク at 00:00 | コメント(0) | チェルシー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする








PVランキング

サイトランキング

FC2Ranking

ブログパーツ