最新の記事

2017年02月22日

清武弘嗣、開幕出場微妙「1年半ぐらいずっと張りがあった」

| カテゴリー 清武弘嗣 |コメント(0)|

清武、開幕戦出場微妙...「1年半ぐらいずっと張りがあった」

C大阪MF清武が、25日の磐田との開幕戦出場が微妙となった。右太腿裏から臀部の筋肉に張りを訴え、20日に検査を受けた。報告を聞いた尹晶煥監督は「試合に出場しなくてもメンバーには入れるとか、状況を見て判断しないといけない」とベンチ入りの可能性を語った一方で、「心配するほどではないが、大きなケガになるとチームにもマイナスになるので、気をつけながらやっていく」と慎重な姿勢を示した。

 清武は5日ぶりに屋外で練習し、軽いランニングなど約40分トレーニングをした。「1年半ぐらいずっと張りがあった。(検査の結果は)大したことない」と話した。

http://football-station.net/b/2017/02/095237.html

続きを読む
posted by ポペスク at 07:44 | コメント(0) | 清武弘嗣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月03日

C大阪社長が清武獲得の経緯を説明「ヤンマーさんが他チームやめよう」

| カテゴリー 清武弘嗣 |コメント(0)|

C大阪玉田社長「ヤンマーさんが他チームやめよう」

C大阪の玉田社長が改めて清武獲得の経緯を説明した。「本当は断ろうと思ったがヤンマーさんに相談したら『日本の他のチームでプレーさせるのはやめよう』となった」と明かした。会議では募金での改修を計画する本拠地金鳥スタが、18年夏に着工し、20年冬の完成を目指すことも公表された。

http://football-station.net/b/2017/02/094657.html

続きを読む
posted by ポペスク at 08:55 | コメント(0) | 清武弘嗣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月02日

尹監督「清武はサイドアタッカーのポジション。サイドで起点になってほしい」

| カテゴリー 清武弘嗣 |コメント(0)|

清武C大阪復帰!尹監督示唆…トップ下起用で“清武システム”に変更も

 注目の起用法について尹晶煥監督は「サイドアタッカーのポジション。サイドで起点になってほしい」と、基本布陣となる4−4−2のサイドハーフに配置する考えを示した。一方で清武はトップ下を得意としており、「見てみないと分からない。はっきりとしたことは言えない」と前置きした上で、場合によってはトップ下のポジションを用意する“清武システム”導入の可能性も示唆した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170202-00000035-dal-socc

続きを読む
タグ:清武弘嗣
posted by ポペスク at 16:09 | コメント(0) | 清武弘嗣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月01日

清武弘嗣がセレッソ大阪へ完全移籍 移籍金は6〜7億円超とも

| カテゴリー 清武弘嗣 |コメント(0)|

清武のセレッソ大阪復帰が正式決定!移籍金は6〜7億円超とも

 2010〜12年6月まで在籍したC大阪には、4年半ぶりの復帰。本人はC大阪の公式HPをとおして、「この度、2017年シーズンからセレッソ大阪にてプレーさせて頂くことになりました。今回の移籍に際し、クラブのスタッフ、関係者の方々など数多くの皆様にご尽力を頂いたお陰で、セレッソでプレーできることを本当に嬉しく思います。セレッソのエンブレムを誇りに思い、必ず結果で示せるように、選手、スタッフ、サポーターの皆さんと戦っていきたいと思います」とコメントした。

 清武とセビージャの契約期間が残っていたため、今回の移籍には違約金が発生している。現地の報道によれば、その額は500万ユーロ(約6億1200万円)〜600万ユーロ(約7億4000万円)とされている。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170201-00022225-sdigestw-socc

続きを読む
posted by ポペスク at 20:24 | コメント(0) | 清武弘嗣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月31日

清武、セレッソ大阪復帰へ 現地時間31日にも合意の見通し

| カテゴリー 清武弘嗣 |コメント(0)|

清武がC大阪復帰へ...セビージャとの交渉が現地時間31日にも合意に至る見通し

争奪戦の結果、清武の移籍先はC大阪になりそうである。『Goal』がセビージャ関係者から入手した情報によれば、昨夏ハノーファーに移籍金650万ユーロ(約7億9000万円)を支払って清武を獲得したセビージャは、移籍金600万ユーロ(約7億2900万円)のオファーが届くことで同選手の売却に応じる意向だった。対してC大阪からは、はじめに移籍金400万ユーロ(約4億8600万円)+インセンティブというオファーを提示されたが、不十分であるとして断りを入れている。

しかしながらC大阪とセビージャの交渉は現在も継続しており、セビージャ関係者は最終的に清武を放出することになると予想する。セビージャはC大阪の支払う額を600万ユーロに近づけることを目指しているが、C大阪が新たに提示するオファーが「想定額」の範疇になることを見込んでいるという。

C大阪がセビージャの「想定額」となるオファーを提示すれば、清武の古巣復帰が決定する。交渉の決着がつくのは、欧州の移籍市場が閉鎖する現地時間31日だ。

http://football-station.net/b/2017/01/094547.html

続きを読む
posted by ポペスク at 11:47 | コメント(0) | 清武弘嗣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

清武獲得にセレッソ大阪が堅実なオファーもセビージャに断りを入れられる

| カテゴリー 清武弘嗣 |コメント(0)|

清武獲得に熱心なのはC大阪か…スペインメディア「堅実なオファーを出したのはC大阪のみ」

清武は日本復帰を前向きに検討しており、C大阪、サガン鳥栖、ヴィッセル神戸などが獲得に名乗りを上げている状況。そしてスペイン『エスタディオ・デポルティボ』によれば、その中で「堅実なオファー」を提示したのはC大阪のみであり、しかしながらセビージャに断りを入れられたことを報じている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170130-00010007-goal-socc

続きを読む
タグ:清武弘嗣
posted by ポペスク at 09:00 | コメント(0) | 清武弘嗣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月29日

清武、Jリーグ復帰に前向き? 3クラブが獲得検討とスペイン紙

| カテゴリー 清武弘嗣 |コメント(0)|

セビージャ清武、日本復帰に前向き? 3つのJクラブが獲得検討とスペイン紙

 セビージャに所属する日本代表MF清武弘嗣に、日本復帰の可能性が浮上している。28日付けのスペイン紙『マルカ』が報じた。

同紙によれば、Jリーグの3クラブが清武の獲得に興味を示しており、本人も日本への復帰に前向きだという。このほかに、メジャーリーグ・サッカー(MLS)のシアトル・サウンダースからも関心が寄せられている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170129-00547322-soccerk-socc

続きを読む
タグ:清武弘嗣
posted by ポペスク at 22:19 | コメント(0) | 清武弘嗣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月28日

清武のMLS移籍が秒読みか スペインメディア「セビージャでの日々は限られたもの」

| カテゴリー 清武弘嗣 |コメント(0)|

清武の米MLS移籍が秒読みか スペインメディア「セビージャでの日々は限られたもの」

スペイン地元メディア「エル・デスマルケ」が報じている。

「アメリカのMLSは日本人の足跡を追っている。具体的なオファーもテーブルに乗っている。セビージャには、大分出身の選手に対する600万ユーロ(約7億3000万円)に近いオファーが届いている」と、今季開幕前にセビージャがハノーファーに支払った移籍金額を提示しているアメリカのクラブがあると指摘。清武には以前、シアトル・サウンダースが獲得に興味を持っていると報じられていた。日本代表MFのリーガでの挑戦は、残りわずかとなっているのかもしれない。

http://football-station.net/b/2017/01/094456.html

続きを読む
タグ:清武弘嗣
posted by ポペスク at 21:00 | コメント(0) | 清武弘嗣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月20日

清武にマインツが興味も 移籍金8億円がネックか

| カテゴリー 清武弘嗣 |コメント(0)|

清武弘嗣に司令塔を失ったマインツが興味も...中小クラブには移籍金8億円が高い壁か

マインツがMF清武弘嗣の獲得に興味を示しているようだ。ドイツ『キッカー』が報じた。清武は昨夏にヨーロッパリーグ王者であるセビージャへ加わったが、ホルヘ・サンパオリ監督のもとで構想外となっている。リーグ戦ではわずか4試合の出場にとどまり、その活躍をスペインで見ることが難しいというのが現実だ。そのため、今冬は国外クラブを中心に清武の動向を気にかけている。

 ブンデスリーガのマインツもそのクラブの一つだ。今冬、司令塔であるトルコ代表MFユヌス・マリを1250万ユーロ(約15億円)でボルフスブルクへと放出した。そのため、クラブは新たなプレーメーカーの確保に動いているが、清武に付けられている700万ユーロ(約8億5000万円)という額が高く、手が出せないと伝えられている。

 連日伝えられている清武の去就問題。今後、どのような結末を迎えることになるのだろうか。

http://football-station.net/b/2017/01/094185.html

続きを読む
posted by ポペスク at 09:00 | コメント(0) | 清武弘嗣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする








PVランキング

サイトランキング

FC2Ranking

ブログパーツ